Yokabai.blog

世の中の良いものを紹介するブログ!

「たったそれだけ?」iOS7の動作を軽くする方法


スポンサードリンク


新しいiOSが登場してはや2ヶ月が過ぎましたね。iOS7のデザインや使い勝手は個人的には気に入っているのですが、iPhone4Sユーザーの私にとって一番のネックが「処理速度」。

こればっかりは、iPhone5Sのスペックに合わせてあるため、モッサリ感は否めず諦め状態でした。

そこで、「iOS7の効果を損ないたくない」とこれまで手をつけてこなかった「視差効果を減らす」を試したところ、「はよしとけば良かった〜」と、熊本弁が炸裂するほど快適になりました。(主観ですよ)

「視差効果」は、アプリなどを起動した時に「ニュニュニュ」っと画面が立ち上がる効果のこと。オフにしたら素っ気ない感じになるだろうと思っていたら、そうでもなく「シュパシュパ」と切り替わります。

とりあえず、少しでも動作に不満を抱えているiPhone4Sユーザーは、一度お試しあれ!!

設定方法

設定 > 一般 > アクセシビリティ > 視差効果を減らす > オンに。

念のため、画像を貼ります!

1.一般
f:id:oconomy19:20131128230348j:plain

f:id:oconomy19:20131128230506j:plain

3.視差効果を減らす
f:id:oconomy19:20131128230603j:plain

4.オン!
f:id:oconomy19:20131128230655j:plain

以上です。ちなみにアクセシビリティメニューにある「コントラストをあげる」をオンにすると、より早い動作に寄与するものと思われます。

いろいろ弄って新しいiPhoneに変えるその日まで上手に付き合いましょうね。

広告を非表示にする