Yokabai.blog

世の中の良いものを紹介するブログ!

【手帳】1日1ページを挫折した人はバーチカルタイプがオススメ


スポンサードリンク

もう皆さんは来年の手帳は決めましたか?

2014年に使用した私の手帳は1日1ページの定番中の定番、「ほぼ日手帳オリジナル」でした。スケジュールはスマホ任せで、あくまでもその日の記録や大切なことを書き記す目的で使用していた「ほぼ日」ですが、やっぱり挫折してしまいました。

 

挫折した理由は簡単。「オリジナルサイズでもページを持て余してしまうこと」。ページいっぱいにいろんな工夫をしてバリバリ活用しておられる人たちをお見かけするのですが、ホント凄いなぁとつくづく思うのであります。そう、ズボラな私には少し敷居が高すぎました。そこで、それなりに行動記録やメモ程度は残せるバーチカルタイプが候補に挙がりました。

1日1ページを挫折したらバーチカルで解決

 そんな挫折して間もない9月、すでに来年の手帳を物色していた際にふらっと立ち寄った東急ハンズの手帳コーナーに「ドンッ!」と絶賛売り出し中だったのがこれ!

ハンズ+ダイアリー東急ハンズオリジナル商品の手帳ですが、大手手帳ブランドに引けを取らないクオリティと、ユーザーのことを考えて作られた手帳です。


hands+を語る-hands+ Diary編 永遠の定番を目指して-東急ハンズの通販「東急ハンズネットストア」

 

挫折した際に、「来年はバーチカルに」と心に決めていた私に、最高にちょうどいいサイズ感、ちょうどいい色、ちょうどいいレイアウトな手帳が目の前に現れ、即買いしてしまいました。

私がバーチカル手帳に求めるのは下記3項目!

  • 大きすぎず小さすぎないB6サイズの手帳
  • 時間軸が24時まである手帳
  • 右側に余裕のあるメモ欄がある手帳

さまざまなバーチカルタイプの手帳がある中、本当にバランスがとれた手帳がハンズダイアリー。B6だと小さくて書きたいことがかけないのでは?とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、1日1ページ挫折組には、少し足りないくらいがちょうどいいのです。しかも、メモ欄はなんだかんだでやっぱり空いてしまいます^ ^

 

写真で見るハンズダイアリー

f:id:oconomy19:20140914180444j:plain

▲カバー付きの手帳もありますが、とりあえずリフィルを購入。

 

f:id:oconomy19:20140914180523j:plain

▲「こんな書き方できます」という説明書。

 

f:id:oconomy19:20140914180611j:plain

▲3年間分まとめて見られるカレンダー。

 

f:id:oconomy19:20140914180632j:plain

▲マンスリーももちろんあるよ!9月始まりです。お得です。

 

f:id:oconomy19:20140914180643j:plain

▲これに惚れた!右のメモ欄が広いのが特徴。下の方には食事の記録なども書き記せます。タスク管理もできます。

 

Yokabaiポイント

1日1ページを持て余す人が次に選ぶ手帳として、選択肢の一つになりえる手帳ではないでしょうか。私は9月始まりを購入しましたが、とりあえず12月の今まで、途絶えることなく続いています。来年用の手帳なので、まだスタートすらしてませんね。。9月始まりって反則www。これまでの使用感などは改めて載せたいと思います。

 

*最後にこの手帳に使うペンはやっぱりスタイルフィットが一番。新しいホルダーもいい感じです。いろんな色が楽しめます。

 

広告を非表示にする