Yokabai.blog

世の中の良いものを紹介するブログ!

フルサイズ機を5年使って、ミラーレス(APS-C)に変えました。


スポンサードリンク

久しぶりの投稿となります。

タイトルにあるとおり、先日、約5年ほど使用し続けていたニコンのフルサイズ機を手放して、ミラーレス機(APS-C)に変更しました。今回は、なぜフルサイズからミラーレスに変えたかを、大きく3つの理由に分けて整理してみました。同じように悩んでいる人の参考になれば幸いです。 

 

 

これまでの使用機器

仕事がきっかけで始めたカメラですが、かれこれカメラ歴10年になろうとしています。仕事ではニコンのD7000を使用していましたが、プライベートでの仕様機器はこんな感じ。

  1. PENTAX K-x
  2. PENTAX K-5
  3. (PENTAX Q10)
  4. NIKON D600
  5. NIKON D610
  6. CANON G7XMarkⅡ)

 

どのカメラも思い入れのあるカメラで、自分なりにエントリー機から始まり、段階を踏んで機種をアップデートしてきたつもりです。途中でニコンに変えたのは、仕事でも使用していたこともあり、ほぼ同じ機能で使えるためでした。

D600に最初につけたレンズはNIKON純正の50mm単焦点でしたが、ボケ感の良さに驚いてバシバシ撮ったのを今でも思い出します。括弧書きのカメラはサブカメラとして使用していたカメラです。今回のミラーレスに変えるきっかけの一つとなったのが、キヤノンの高級コンデジです。このサブ機との共存が引き金となりました…。

 

 

ミラーレスカメラに変えた3つの理由

1.サブ機の併用でフルサイズ機の出番が少なくなった。

キヤノンコンデジを購入したのはブログ執筆時の約Ⅰ年前でした。知人との小旅行に行く際に、旅行用に最適だと思い購入したのですが、小さいうえにきれいな写真が簡単に撮れてしまうため、旅行以降も、ちょっとしたお出かけの際は、コンデジⅠ台で済ましてしまうことが多くなっていました。

そうです、コンデジの導入でフルサイズを使わなくなってしまったのです。わざわざでっかいカメラ持ち出してまで撮影しようと思わなくなってしまったのが、大きな理由の一つです。同じようにフルサイズをやめた人のブログなどを見てみると、この理由が大半でした。いや〜、キヤノンコンデジ素晴らしいです!今は手元にないですがとてもいい機種でしたよ。

 

 

2.SNSにアップするぐらいの写真であれば、違いは分からない。

私のプライベートでの撮影目的は、子どもの成長記録と、地元の写真をSNSで公開することです。子供の写真は年Ⅰ回、アップルのカレンダーにするのと、”じいじ”や”ばあば”にプリントアウトして渡すぐらいのものです。

それ以外は、地元のPRを兼ねてInstagramで投稿するのですが、素人目ではAPS-Cとフルサイズで撮影した写真を見分けるのは困難だと思います。上級者の方はわかるかもしれませんが、初心者の私には正直わかりません。

先日、山登りに行った際にコンデジとフルサイズそれぞれで撮影し、Lightroomで加工していましたが、正直どちらで撮影したものか、Exifデータを見なければわかりませんでした(笑)

そんなこんなで、用途が限られているので、機動力があって交換レンズが楽しめるミラーレスの方がいいと思ったわけです。

 

 

3.フルサイズミラーレスも選択肢に入ったがレンズがでっかい。

Ⅰ番目の理由と重複するんですが、フルサイズをやめてミラーレス機にしようと考えたときに、実は、フルサイズミラーレスも候補に入れていました。選択肢にしぼったのは次の2機種。

 

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 ボディ ILCE-7

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 ボディ ILCE-7

 

 

 比較表はこちら

 

重量は150gほどα7ⅲが重いだけですが、フルサイズ用のレンズがでかくなるのが難点。重いだけではなく、かさばってしまうので、これまでの環境から変わらないと判断したわけです。しかもSONYのレンズはどれも値段が高く、これからのカメラライフを考えると、レンズに投資するよりも、それ以外の趣味にお金をかけたいなと思ったのも理由の一つです。

 

 

まとめ 

今回で2回目となるマウント変更ですが、今回、手持ちのボディとレンズ、コンデジをすべて手放して、同じようなレンズ構成になるようにボディとレンズを導入しました。

今回購入したα6500は、発売からある程度年数が経過していたため、比較的安価に購入することができました。ですので、今回のマウント変更ではおつりがきました。ある意味スペックダウンではありますが、オールラウンダーと称するα6500は、まさに機動力のあるカメラだと思っており、コンデジと同じようにサクッと持ち出せてバシバシ撮影できるカメラだと信じています。

まだ、購入して間もないため、作例紹介やどんなレンズを購入したかは、改めてブログで書き綴りたいと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。